歯がなくなった方へ

歯をなくしてしまった場合は、インプラント・入れ歯・ブリッジという治療の選択肢があります。
しっかりとご説明して納得のいく治療を受けていただけるようにしています。

歯がなくなった方へ

虫歯や歯周病が悪化した場合、歯を抜かなければならなくなってしまうことがあります。そうならないよう予防や早期治療をすることが最も大事ですが、万が一、歯がなくなってしまった場合には、インプラント・入れ歯・ブリッジといった治療をすることで噛む機能をある程度取り戻すことができます。

なお、これらの治療法にはそれぞれメリットとデメリットがあり、患者さんが何を望まれるか、どの歯を失ったか、残っている他の歯の状態はどうか、歯を支えている骨は十分にあるかなど、様々な条件によって最適な方法は異なります。

そのため、まずは患者さんときちんとお話をさせていただき、選択肢を提示した上で納得いただける方法をお選びいただくようにしています。

インプラント

インプラント(チタンでできた歯の根っこ)を顎の骨に埋め込むことで、人工の歯をしっかりと支えられるようにする治療法です。

メリット

  • 自分の歯と同じ感覚で噛める
  • 他の歯に負担をかけないで済む
  • きれいに仕上がり目立たない

デメリット

  • 口腔外科手術が必要
  • 保険が適用されない
  • 治療期間が長い

当院のインプラント治療

院内にCTがあるため、立体的で細部まで把握することのできる画像を元にして、正確で安全な治療を行うことができます。また、顎の骨が少ない方の場合、通常はインプラント治療を行うことができませんが、当院では骨造成剤や患者さん自身の血液成分を使って骨を造成させる治療も行っています。なお、使用するインプラント(チタン製の人口歯の根っこ)は、骨とくっつきやすいHA(ハイドロキシアパタイト)加工をしている物を使用したりもしています。さらに埋め込んだ後はその成分がお口の中で悪い影響を及ぼさないようHAが”薄く”コーティングされているものを使用しています。

入れ歯

人工の歯とそれを支える土台(床)をお口の中に装着する治療法です。

メリット

  • 短期間で治療できる
  • 保険適用のものもある
  • 外科的な処置が必要ない

デメリット

  • 固いものは噛みにくい
  • 部分入れ歯の場合は留め金が見えてしまう
  • 顎の骨が痩せてしまうことがある

当院の入れ歯治療

当院の院長は50年以上に渡って入れ歯を作り続けてきた実績があり、その経験を活かして、患者さんに喜んでいただける使い心地の良い入れ歯作りを行っています。既に入れ歯をお持ちで「痛い」「噛めない」「すぐに外れる」といったお悩みをお持ちの方もたくさんご相談に来られていますので、まずはお気軽にお越しください。なお、柔らかい素材を使用してお口の負担を減らしてピッタリとくっつくようにしたコンフォートデンチャーや、金属の留め金がないため目立たないスマイルデンチャーも取り扱っています。

ブリッジ

歯を失った箇所の隣に残っている歯を柱にして、橋をかけるように人工の歯を取り付ける治療法です。

メリット

  • 短期間で治療できる
  • 保険適用のものもある
  • しっかりと噛める

デメリット

  • 残っている健康な歯を削らなければならない
  • 柱にしている歯に負担がかかり続ける
  • ブリッジと歯茎の間に汚れが溜まりやすい

ブリッジは、支えにするための歯を削る必要があるという点が、最大のデメリットです。ただし、当院ではほとんど歯を削ることなく、金属の金具を使用することでブリッジを装着することができる方法(ヒューマンブリッジ)も行っていますので、インプラントにも入れ歯にも抵抗があるが、歯はできるだけ削りたくないという方もご相談ください。

インプラント専門サイトインプラント専門サイト

Q&AブログQ&Aブログ

副院長便り副院長便り